夫婦の関係が悪化して、離婚をする場合、親権を決めなければならない

離婚に到る原因は色々とあります。
また、その後に関する事で決めなければならない事もたくさんあります。
夫婦間で未成年の子供がいる場合、親権をどちらが持つか決めなければなりません。
日本では、離婚をする場合、親権を共同で持つ事が出来ないのです。
簡単に言えば、親権をどちらが持つか決めないと離婚が成立しないのです。
だからと言って、適当に決めてしまうのは駄目です。
親の権利ではありますが、一番は子供の事を考えてあげるのが親の務めです。

子供が複数いる場合、一人一人に対して親権を決める必要があります。
なので、夫婦間で一人ずつ引き取るとゆう事もできるのです。
しかし、これが子供達にとって良いのかどうかは難しい所です。
一番はやはり経済力が重要になってきます。
子供の視点で見ても、兄弟が離れ離れになって生活することは良い環境とは言えません。
できる事ならば、一緒に生活させてあげるべきでもあります。
しかし、これらも離婚の原因によって状況は大きく変わってきます。

親権を一度決まってから変更するには、裁判所の許可が必要になるため、簡単に変更ができません。
だからこそ、最初の話し合いはかなり肝心になってきます。
先の事をよく考える必要があるのです。
とりあえず、とゆう考え方で相手に譲ってしまうと、二度と取り戻せないことも十分に考えられます。
これは夫婦間での関係に大きく起因しますが、離婚をする場合、ほとんどが夫婦の関係は悪化しているものです。
協議離婚で全てにおいて、お互いが納得できるのが一番理想です。

No Responses to “”

No comments have been made on this post



Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans